子供のうちのスキンケアは必要?

顔にクリームを塗っている女性

大人になると大半の方が、毎日基礎化粧品でスキンケアするようになります。
化粧水や乳液、美容液やクリームといった基礎化粧品でケアする事により、肌の乾燥などを予防します。
スキンケア=大人が行うケアというイメージがありますが、子供の頃からスキンケアは必要なのでしょうか。
子供は大人と比べ、セラミドなど肌を保湿する成分が豊富です。
ですので、化粧水などで保湿ケアしなくても、子供の肌は潤っています。
乾燥などのトラブルが無いと、スキンケアは必要ないと感じてしまいますが、子供の頃から行っていた方が良いスキンケアというものもあるのです。
それは、紫外線対策です。
年齢を重ねるごとに、シミに悩まされる方は少なくありません。
シミの最大の原因と言われているのは、紫外線による肌ダメージです。
紫外線を浴び続けた事で、肌を紫外線から守ろうとし、メラニンという色素が作られます。
このメラニン色素が作られ続け、肌細胞に沈着する事で、シミとなるのです。
シミは長年、紫外線を浴び続けた事で起こると言われています。
子供の頃に浴びた紫外線が、今シミとなって肌に現れているかもしれません。
シミ予防といった美白効果だけでなく、紫外線を浴びる事でニキビなどのトラブルや、皮膚癌を発生するリスクも高まります。
これから先の肌を考えるのであれば、子供の頃から紫外線対策をしっかり行う事が大切です。
最近は子供用の日焼け止めも、数多く販売されるようになりました。
子供用日焼け止めは、肌に優しい処方で作られていたり、石鹸で簡単に落とせるといった工夫がされています。
このような日焼け止めなら、肌に刺激を受けやすい子供でも、安心して使えるでしょう。
美白は1日にしてならずです。
子供の頃から紫外線対策する事が、やがて美白の効果を発揮します。